ドコモ光のv6プラス・IPv6 IPoE対応プロバイダおすすめランキング(2018年10月)

ドコモ光のプロバイダ選びも情報がたくさんあり、どれを選んだらいいか迷いますよね?

本ページでは、次世代のインターネット接続方式と言われている、ドコモ光v6プラス及びIPv6 IPoE接続に対応したプロバイダのランキングをしています。

ドコモ光のv6プラス対応おすすめプロバイダ

当サイトおすすめのv6プラスに対応したプロバイダです。
Wi-Fi無料レンタルできるGMOを特におすすめします。

\当サイトおすすめのプロバイダ/

so-net GMOとくとくBB

sony



Wi-Fiルータが無料レンタルでき、高額キャッシュバックもオプション加入不要


●V6プラスで高速インターネット

高性能Wi-Fiルータ無料レンタル

●キャッシュバックがオプション加入不要

●セキュリティソフトが2年無料

>>詳細はこちら


高性能Wi-Fiルータが無料レンタルでき、地域別の速度を公開しているので速さに自信があるプロバイダ。


●V6プラスで高速インターネット

高性能Wi-Fiルータ無料レンタル

●セキュリティソフトが1年無料

●安心の設定サポートが1回無料

>>詳細はこちら


ドコモ光のv6プラス・IPv6 IPoE対応おすすめプロバイダランキング


では、おすすめのプロバイダランキングを見ていきましょう!

ドコモ光 ipv6,ドコモ光 プロバイダ おすすめ

GMOとくとくBB ※v6プラス+Wi-Fiルータ無料など充実した内容の特徴
高額キャッシュバック
インターネット接続の出張サポートが無料
高性能Wi-Fiルータが無料
セキュリティソフト1年無料
最高800Mbps(平均300Mbps)の速度を実証済み(2017年5月時点)
電話対応がよい
価格
4,000
評価
評価5
備考
戸建て:5,200円
GMOとくとくBB ※v6プラス+Wi-Fiルータ無料など充実した内容の総評
GMOとくとくBBはv6プラス対応プロバイダです。 ドコモ光 ipv6,ドコモ光 プロバイダ おすすめ
出典:GMOとくとくBB×ドコモ光
私も加入しているGMOとくとくBBは、v6プラス対応の高性能Wi-Fiルータが無料レンタルできるプロバイダです。 実は無料レンタルできるだけでなく、ネット接続でトラブルがあった場合は、Wi-Fiルータも含めてサポートしてくれますので、すごく安心です。 混雑したドコモショップへわざわざ出かける必要もなく、ネットから申し込みGMOさんからの折り返し電話を待つだけです。 折り返し電話は代理店ではなく、GMOインターネット株式会社(東証一部上場企業)から直接電話があります。 大企業なので電話対応も非常によく、慣れてない人でも安心できると思います。 キャンペーンはキャッシュバック、dポイントプレゼント、インターネット接続の無料出張サポート、Wi-Fiルータ無料レンタル、セキュリティソフト(3台まで1年間無料)など満足いく内容となっています。
>>GMOとくとくBBの詳細はこちら

ドコモ光 ipv6,ドコモ光 プロバイダ おすすめ

so−net ※v6プラス+サービスが充実の特徴
V6プラスで高速インターネット
高性能Wi-Fiルータが無料
キャッシュバックがオプション加入不要
セキュリティソフト24カ月無料
価格
4,000
評価
評価4.5
備考
戸建て:5,200円
so−net ※v6プラス+サービスが充実の総評
so−netはv6プラス対応プロバイダです。
v6プラス対応の高性能Wi-Fiルータが無料レンタルできます。
※Wi-Fiルータ無料レンタルもしくは訪問サポートが選択可能
キャッシュバックはオプション加入不要で受け取ることが可能です。
セキュリティソフトは2年間無料で利用できます。

So-netさんもv6Plusに対応していることを確認しました。


出典:https://www.so-net.ne.jp/access/hikari/v6plus

ドコモ光 ipv6,ドコモ光 プロバイダ おすすめ

BIGLOBE ※v6プラス+強固なセキュリティが1年無料の特徴
NECの老舗プロバイダ
ウィルス・ネット詐欺対策・迷惑メール対策が1年無料
安心の設定サポートが初回無料
電話でのリモートサポートが何回でも無料
価格
4,000
評価
評価4
備考
戸建て:5,200円
BIGLOBE ※v6プラス+強固なセキュリティが1年無料の総評
BIGLOBEはv6プラス対応プロバイダです。 ただBIGLOBEの場合、v6プラスではなくIPv6オプションという言い方をします。 IPv6接続事業を自社でおこなうようにしたため、言い方が変わっただけです。 ウィルス・ネット詐欺対策・迷惑メール対策が1年間無料で利用できます。 セキュリティをしっかりしたいがよくわからないという人にはおすすめです。 ご自宅への訪問サポートが1回無料で、リモートサポートは何回でも無料です。 v6プラスに対応したWi-Fi無料レンタルなし(ご自身で購入して設定) BIGLOBEがv6プラスIPoE方式によるIPv6インターネット接続に対応していることを公式サイトで確認しました。
BIGLOBEでビッグローブ光/フレッツ光/ドコモ光をご利用のお客さまは、「IPv6オプション」と対応機器を利用して、高速通信[IPv6接続(IPoE方式)]に切り替えることができます。動画を見る人はもちろん、インターネットのトラフィックが増加し時間帯によっては混雑で速度が低下してしまう近年は、インターネットをご利用になるみなさまにおすすめです。工事は不要なので手間もかかりません。
出典:http://support.biglobe.ne.jp/ipv6/

ドコモ光 ipv6,ドコモ光 プロバイダ おすすめ

nifty ※v6プラス+訪問・リモートサポートが1回ずつ無料の特徴
セキュリティソフト1年無料
リモートサポート・訪問サポートが1回ずつ無料
価格
4,000
評価
評価3.5
備考
戸建て:5,200円
nifty ※v6プラス+訪問・リモートサポートが1回ずつ無料の総評
niftyはv6プラス対応プロバイダです。 @niftyもドコモのタイプBからタイプAへ提供となりましたので、月額料金が200円安くなりました。 訪問およびリモートサポートが1回ずつ無料なのはうれしいですね。 セキュリティソフトが1年無料です。 v6プラスに対応したWi-Fi無料レンタルなし(ご自身で購入して設定) niftyがv6プラスIPoE方式によるIPv6インターネット接続に対応していることを公式サイトで確認しました。 ドコモ光 ipv6,ドコモ光 プロバイダ おすすめ  出典:http://csoption.nifty.com/ipv6/

ドコモ光 ipv6,ドコモ光 プロバイダ おすすめ

ドコモnet ※v6プラス+全てドコモの安心感の特徴
ドコモのプロバイダ
セキュリティソフト(1台分1年無料)
全てドコモの安心感
価格
4,000
評価
評価3
備考
戸建て:5,200円
ドコモnet ※v6プラス+全てドコモの安心感の総評
ドコモnetはv6プラス対応プロバイダです。 全てドコモの安心プロバイダです。 ドコモnetもv6プラスに対応しました。 Wi-Fi無料レンタルなし(ご自身で購入して設定) ドコモnetさんもv6Plusに対応していることを確認しました。
ドコモnetでは、IPoE方式によるIPv6インターネット接続と、PPPoE方式によるIPv4インターネット接続の2つのネットワークをご用意いたします。 これにより、IPv6に対応したWEBサイトなどへのトラフィックを従来のIPv4とは異なる新たなIPv6のネットワークに流すことで、より快適にインターネットをご利用いただくことができます。 (IPv6とIPv4の切り替えなどの操作は必要ありません) ドコモnetでは、ドコモ光ルーターをご利用いただくことで、 IPv4 over IPv6 通信によりIPv4のWebサイトなどの閲覧もより快適にご利用いただけるようになります。
出典:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/provider_list/docomo_net/ipv6
インターネットに詳しくない人ににとっては全てドコモの安心感が一番のおすすめポイントだと思います。

ドコモ光 ipv6,ドコモ光 プロバイダ おすすめ

OCN ※とにかく設定が不安な人の特徴
NTTグループのプロバイダ
総合セキュリティサービスが1年無料
4,800円相当のgooポイント
設定サポート内容が充実
価格
4,200
評価
評価2.5
備考
戸建て:5,400円
OCN ※とにかく設定が不安な人の総評
v6プラスに対応していることは確認できませんでした。 OCNさんもNTTグループのプロバイダです。 総合セキュリティサービスが1年無料、4,800円相当のgooポイントプレゼントなどのお得な情報もありますが、なんといってもOCNさんは初回の設定サポートが充実しています。 無線LANルータ、パソコン、ひかりTVのテレビ接続設定、プリンター、dTVがそれぞれ1台。 無線LAN端末(パソコン、タブレット、スマホ、ゲーム機など)が合計10台まで設定無料です。 詳細はOCN開通とことんサポートを参考にして下さい。 Wi-Fi無料レンタルなし(ご自身で購入して設定)
あくまでも初回サポートなので注意して下さい
初回サポートは充実すぎるくらいありますが、月額料金が若干高いのがデメリットです。 OCNさんもIPoE方式によるIPv6インターネット接続に対応していることを確認しました。 但し、v6プラスに対応していないので、ほとんどのサイト(IPv4)はPPPoEという従来の方式(低速)で接続されます。
2017年9月1日以降に「ドコモ光」のお申し込みをされたお客さまを対象として、IPoE方式によるIPv6接続を標準提供いたします。IPv6の接続には、IPv6対応のドコモ光電話対応ルーター(ひかり電話対応機器)またはIPv6ブリッジ(パススルー)機能対応ルーターが必要です。IPv6機能の詳細および対応機器については、http://s.ocn.jp/ipv6をご参照ください。ご利用場所がNTT西日本エリアかつフレッツ・v6オプションを契約されていないお客さまは、NTTコミュニケーションズがお客さまの代理人としてNTT西日本に対してフレッツ・v6オプションを申し込むことに同意いただきます(フレッツv6オプションの利用料、手数料等はかかりません)。なお、お手続き完了後にNTT西日本からお客さまへ「フレッツ付加サービス等お申し込み内容のご案内」が郵送されます。
出典:http://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/docomo.html

下記3点はドコモ光加入による共通のうれしい割引や特典です。

  • 新規工事費が無料
  • 全国共通dポイントプレゼント
  • スマホ料金が毎月最大3,500円お得

ランキング2位〜6位での申し込みリンクこちらのサイト
へ移動します。

その理由はドコモショップ経由で申し込むよりも次のメリットがあるからです。
  • 24時間受付WEB申し込みが可能
  • サイト限定キャンペーン(キャッシュバック)がある
  • ドコモショップに並ばなくてすむ

 

WEB申し込み後に折り返し電話がありますので、安心して下さいね。



全てのプロバイダにおいてあなたが満足する速度が手に入れられる保証ができるというわけではありません。

GMOとくとくBBさんは平均速度を都道府県別に公開しており速度保障もしています。

当サイトでは、あなたが満足いく結果にいたらなくても一切責任は負いかねますのでご了承下さい。

ただv6プラス(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス)は次世代通信方式な上に、私もGMOさんで満足する速度が得られましたのでおすすめしています。

ドコモ光のv6プラス(IPoE方式によるIPv6)対応プロバイダランキングまとめ

あなたが気に入ったプロバイダは見つかりましたか?

ランキングについて補足します。

ランキング1位〜5位はv6プラスに対応したプロバイダです。
※BIGLOBEはIPv6オプションというサービス名ですがしくみは同じです

1位のGMOとくとくBBはv6プラスに対応したWi-Fiルータを無料レンタルできるので1位にしました。


さらに、GMOは2018年2月からインターネット接続の無料出張サポートのキャンペーンがはじまりましたので、インターネット接続作業の不安から解消されました。

2位はv6Plusに対応したSo-netです。
GMOはWi-Fiルータ無料レンタル訪問サポートですがso-netの場合Wi-Fiルータ無料レンタルもしくは訪問サポートなので2位にしています。
ただ、訪問サポートが不要の場合はキャッシュバックがオプション加入不要なので、so-netもGMOと遜色ありません。

3位のBIGLOBEはWi-Fiルータの無料レンタルがないので3位にしています。
ただ、リモートサポートが何度でも無料なので、サポート重視ならBIGLOBEは捨てがたいです。

4位の@nityはBIGLOBEよりもサービス内容が劣るので4位にしています。

5位のドコモnetはv6Plus対応となりましたが、サービス内容が2〜4位よりも劣るので5位です。

6位のOCNはv6プラス非対応かつ毎月の料金が200円高いので6位です。

特に事情がないのであれば、ストレスがないv6プラスに対応したプロバイダ選択をおすすめします。





中でもGMOとくとくBBはWi-Fiルータが無料レンタルできますのでおすすめです。
無料レンタルできるだけでなく、接続トラブルのときにWi-Fiルータを含めたかたちでサポートしてくれます。

自前でWi-Fiを準備した場合は、サポート対象外ですからね。

v6プラスとIPv6 IPoEの違いを知らないと危険!

v6プラスとIPv6 IPoEって少しわかりにくいと思いますが、大きな違いがあります。
簡単にいいますと、v6プラスは全てのサイトにおいて従来よりも速い。
IPv6 IPoEのみ(v6プラス非対応)はほんの一部のサイトしか速さがでない。

 

表(v6プラスとIPv6 IPoEの違い)

v6プラス
(IPv6 IPoE +IPv6 over IPv4

全てのサイトにおいて高速なインターネットが可能。
IPv6非対応サイトもIPv6 IPoEの道を借りて通信するようなイメージ

IPv6 IPoE 一部のサイト(IPv6対応サイト)しか高速なインターネットができない。

IPv6対応サイトが非常に少ない。

 

ほとんどのサイトがIPv4サイトなんですが、そのIPv4サイトもv6プラスのレールにのせて通信することにより、速いインターネットができるということなんですね。

 

反面、IPv6 IPoEのみ(v6プラス非対応)はIPv6対応サイトしか速くインターネットができないということです。
でも、現時点でIPv6サイトは限られたサイトしかありません。

 

そこでがIPv4サイトも速くインターネットできるようにしたのが、v6プラスという新しい技術です。

 

 

同じ速度測定サイトで30Mbps⇒300Mbps(2017年5月時点)になりましたからね。
夜中とか400Mbps以上の速度を記録することもあるんですよ。


 

中でも、GMOはドコモ光でv6プラスをいち早く導入し、Wi-Fiルータ無料レンタルも同時に開始しました。
Wi-Fiルータはv6プラス対応ルーターです。

 

Wi-Fiルータはv6プラスに対応していないと本来の速度を出すことができません。
ルータの見極め、設定に自信がないのが普通です。
GMOのWi-Fiルータなら間違いならv6プラスの恩恵を受けられます。

 

 

私はルータの設定もできますが、特に自分でお金出して、設定するメリットもないのでGMOのWi-Fiルータを無料レンタルしています。


ドコモ光の速いプロバイダならGMOかSo-netがおすすめ!

どのプロバイダもサービス内容はほぼ同じです。
その中でもはv6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターが無料レンタル可能なGMOとくとくBBをおすすめしています!

もし、あなた自身がルータ設定などに詳しいのであれば、絶対にGMOとくとくBBにする必要があるということではありません。
so-netならソニー優待・割引サービスなどGMOにない特典もあります。

ただ、Wi-Fiルータ無料レンタルというのはかなり魅力的なので、ルータ設定もできる私でもGMOとくとくBBと契約しました。

\当サイトおすすめのプロバイダ/

so-net GMOとくとくBB

sony


Wi-Fiルータが無料レンタルでき、高額キャッシュバックもオプション加入不要


●V6プラスで高速インターネット

高性能Wi-Fiルータ無料レンタル

●キャッシュバックがオプション加入不要

●セキュリティソフトが2年無料

>>詳細はこちら


高性能Wi-Fiルータが無料レンタルでき、地域別の速度を公開しているので速さに自信があるプロバイダ。


●V6プラスで高速インターネット

高性能Wi-Fiルータ無料レンタル

●セキュリティソフトが1年無料

●安心の設定サポートが1回無料

>>詳細はこちら

トップへ戻る