フレッツ光からドコモ光へ転用(乗り換え)したいと思ったのは、スマホ料金が割引になることを耳にしたからではないでしょうか?

 

何もメリットがないと乗り換えする意味もないですが、ドコモユーザーならそのフレッツ光からドコモ光へ転用するのはメリットが多いです。

 

また、あなたが知らないおすすめのプロバイダもあります。

 

プロバイダひとつで速度ががらっと変わったり、サービス内容が全然違いますので、この際「お得なプロバイダ」に乗り換えることをおすすめします。

 

本ページではフレッツ光からドコモ光へ乗り換えるメリットと、おすすめプロバイダもご紹介します。

フレッツ光からドコモ光へ転用(乗り換える)メリット(料金編)

フレッツ光ドコモ光へ転用した場合の料金面のメリットは3点あります。

 

  • インターネットの月額利用料が安くなる
  • ドコモのスマホ料金が割引になる
  • dカードGOLDに加入すればポイントが10倍付く

 

ドコモ光にするとインターネットの月額料金が安くなる

 

フレッツ光からドコモ光にすると月額料金が安くなるケースがほとんどです。

 

NTT西日本のマンションタイプで、配線がLAN方式、プラン2の場合のみフレッツ光の方が月額料金が安くなります。

フレッツ光料金:2,600円
プロバイダ料金:1,000円
フレッツ光合計:3,600円
ドコモ光の場合:4,000円

マンションタイプの配線方式とプランはフレッツ光の公式サイトを参照してください。

 

上記以外はドコモ光の方が安くなります。

 

フレッツ光とドコモ光の料金表を以下に記載しています。

 

フレッツ光の利用者は既に2年以上利用しており、割引期間(最初の1・2年)が終了していることを想定して計算しています。

 

また、プロバイダ料金は大手のぷららの月額料金料金(1,000円)を想定して計算しています。

 

<フレッツ光とドコモ光の料金表>

NTT東西 住居

フレッツ光
(プロバイダ込)

ドコモ光
(プロバイダ込)

NTT東日本 戸建て 6,700円 5,200円
マンション 4,750円 4,000円
NTT西日本 戸建て 6,400円 5,200円
マンション 4,200円 4,000円

※NTT東日本のマンションタイプはプラン2で計算
※NTT西日本のマンションタイプはひかり/VDSL配線方式のプラン2で計算

 

マンションタイプの詳細はそれぞれの公式サイトを参考にして下さい。
NTT東日本の公式サイト
NTT西日本の公式サイト

 

ドコモのスマホ料金が割引になる

ドコモ光に興味を持ったあなたは、ドコモのスマホを利用している事を想定しています。

 

ドコモ光にする最大のメリットとも言えますが、毎月のスマホ料金が割引になります。

 

例)家族4人でウルトラシェアパック30(1カ月30GB)のプランですと月額2,500円割引になります。

 

割引になる料金額は「契約しているパケットパックの量」で決定されます。

 

 

ドコモで契約しているパケットパックの容量でのセット割引

パケットパックの容量が多いほど、割引額が多くなります。

 

パケットパックも単独で使用している通常のパケットパックと家族で利用しているシェアパックで割引額が変わってきます。

 

<単独で使用しているパケットパック>

ドコモのセット割
画像引用:GMOとくとくBB公式サイト

 

単独でドコモのスマホを利用している場合は最大1,600円の割引になります。

 

<家族でで使用しているシャアパック>

ドコモのシェアパック
画像引用:GMOとくとくBB公式サイト

 

家族でパケットをシェアしているなら、最大3,500円の割引になります。

 

 

dカードGOLDに加入すれば毎月ポイントが10倍!

 

ドコモ携帯+ドコモ光のご利用料金の10%がdポイントとして毎月貯まります。

 

つまり、1,000円で100ポイント、10,000円で1,000ポイント貯まります。

 

通常のクレジットカードはせいぜい1%くらいしかポイントがたまりませんが、dカードGOLDに加入すると10倍の10%ものポイントがたまるカードです。

 

ゴールドカードなので年会費が10,000円かかりますが、ドコモ携帯とドコモ光料金を合わせたら元はとれます。

 

管理人の場合は毎月2500ポイント貯まる計算となり、年間で30,000ポイント貯まります。
年会費が10,000円かかっても、dカードゴールドを持っているだけで実質20,000ポイント(年間)貯金できるという計算になります。

 

dカードゴールドの特徴をまとめてみました。

 

  1. ドコモ携帯+ドコモ光料金10%分ポイント還元
  2. 空港ラウンジが利用可能
  3. ケータイ保障が3年間で最大10万円
  4. おサイフケータイ、Appla Payに対応
  5. 最大1億円の海外旅行保険
  6. dカード特約店でポイントが貯まる
  7. ローソンでは最大5%お得
  8. マツモトキヨシではポイント3倍

 

注意していただきたいのは、カードを持っている本人のみの割引です。
家族4人で使用している料金全てが割引となるわけではありません。

 

ただし、家族カードは年会費不要で1枚作ることができます。
つまり、年会費10,000円で2枚のカードが持てるということですね。
(管理人も夫婦で持っています)

 

夫婦で1枚ずつもっていれば、ご主人と奥さんのドコモ携帯料金+ドコモ光料金の10%が割引になります。
※ドコモ光はご主人か奥さんどちらかが契約者と仮定

 

カードを増やしたくないなら別ですが、少しでも毎月の通信費を減らしたいなら持っておいて損はないカードです。

 

例えばdカードGOLDを持っていなかったら、管理人の場合は毎月2,500円を失うのと一緒ですからね。

 

今なら、当サイトおすすめプロバイダのGMOとくとくBBでは、ドコモ光を契約してdカードゴールドに加入すると5,000円分のGMOポイントをプレゼントしています。

 

このキャンペーンはGMOとくとくBB単独の特典で、いつ終了するかわかりません。

 

まとめ(料金編)

 

1.フレッツ光からドコモ光に転用すると、ほぼ月額利用料が安くなることがわかりました。

 

※NTT西日本のマンションタイプで、配線がLAN方式、プラン2の場合のみフレッツ光の方が月額料金が安くなります。

 

2.スマホ料金が割引になります。その割引額が契約しているパケットの量と契約年数で決定されます。

 

3.dカードGOLDを持っているだけでカード所有者のドコモ料金+ドコモ光料金の10%が毎月ポイントになります。

 

このように、ドコモユーザーならドコモ光にするとかなり料金面でメリットがあります。

 

dカードGOLDは基本的に持ってないと損なので、カード嫌いでない限り作った方がメリットが多いです。

フレッツ光からドコモ光へ転用(乗り換える)メリット(速度編)

ドコモユーザーならドコモ光へ転用すると月額料金とスマホ料金が安くなるのがわかりました。

 

料金だけでなく、ドコモ光ではインターネットが速くなるというメリットがあります。

 

  • インターネットが速くなる
  • 最新のWi-Fiルータを無料レンタル

 

インターネットが速くなる

 

ドコモ光ではv6プラス対応プロバイダが増えつつあります。

 

v6プラスとはインターネット接続方式のことで、要はインターネットのスピードが速くなる新しい技術です。

 

とにかく証拠をご覧ください。

 

(2017年5月)
フレッツ光 ドコモ光 転用

 

赤字で849.55Mbpsと書いているのがスピードを表す数値です。
※この数値が常に出るわけではありません

 

例えば、GMOとくとくBBというプロバイダはv6プラス対応で全国のインターネット速度を公開しています。

 

その、全国平均がこちらです。

 

GMOとくとくBBの全国速度平均

 

あなたの地域の速度は公式サイトで確認できます。

 

ちなみにv6プラスに対応していない「フレッツ光+ぷらら」でのインターネット速度は30Mbps前後でした。
※「ドコモ光+ぷらら」はv6プラスに対応しています

 

このようにv6プラスに対応したドコモ光のプロバイダにすれば、インターネット速度の向上が期待できます。

 

最新のWi-Fiルータを無料レンタル

ご自宅でWi-Fiを利用していますか?
そのWi-Fiの速度に不満はありませんか?

 

ドコモ光の大手プロバイダではWi-Fiルータを無料レンタルしているところが多くなってきました。

 

さきほど紹介したGMOとくとくBBでは他プロバイダよりも高性能なWi-Fiルータを無料レンタルしています。
※当サイトでおすすめしているプロバイダはそれなりに高性能なWi-Fiルータなので問題ありません

 

このように、ドコモ光ではWi-Fiルータ無料レンタルも積極的に実施しています。

 

簡単に言えばドコモ光に加入すればWi-Fiルータの無料レンタルがセットになっているということです。

 

但し、Wi-Fiルータを無料レンタルしているプロバイダは限られていますので後ほどご紹介します。

 

まとめ(速度編)

 

1.ドコモ光の大手プロバイダはv6プラスに対応しているのでインターネット速度が速くなる

 

2.性能のよいWi-Fiルータを無料レンタルしているのでWi-Fi環境がよくなり無料でWi-Fiが使える

 

あなたにインターネットやWi-Fiルータの知識があればご自分で色々プロバイダを検討してみるのもいいと思います。

 

もし、そのような知識がないのであれば、当サイトおすすめのプロバイダからプロバイダを選ぶことをおすすめします。

 

フレッツ光からドコモ光へ転用する方法

 

フレッツ光からドコモ光へ転用するための手続きはたったの2ステップです。

 

  1. 転用承諾番号を取得(NTT東日本 or NTT西日本)
  2. プロバイダへ申込

 

転用承諾番号の取得

 

転用番号の取得には次の情報が必要です。

 

  1. 契約ID(お客さまID)、ひかり電話番号のいずれか
  2. 契約者名
  3. 利用場所住所
  4. 支払方法

 

@の契約ID(お客さまID)はCAFもしくはCOPではじまる番号です。

 

フレッツ光開通時の「開通のご案内」に記載されています。

 

もしわからない場合は問い合わせも可能jです。

 

NTT東日本にお客様IDを問い合わせる
NTT西日本にお客様IDを問い合わせる

 

あとは、あなたの契約者名、利用場所住所、支払方法なのですぐにわかると思います。

 

以上4つが準備できたら転用番号をWEBか電話で取得します。

 

NTT東日本の場合

電話)0120-140-202(9時〜17時)
WEB)NTT東日本特設ページ(8時30〜22時)

 

NTT西日本の場合

電話)0120-140-202(9時〜17時)
WEB)NTT東日本特設ページ(8時30〜22時)

 

ドコモ光のプロバイダへ申込

 

ドコモ光のプロバイダへ申し込む場合には以下5つの情報が必要となります。

 

@ご契約中のドコモの携帯番号※1
A転用承諾番号の取得
Bフレッツ光のご利用場所住所
Cフレッツ光のご契約名義
Dフレッツ光のプラン名

 

2番目の転用承諾番号はすでにお済だと思います。
まだ取得してない場合は、少し前に取得方法を書いていますので、転用番号を取得して下さい。

 

その他、フレッツ光のご利用場所、ご契約名義、フレッツ光のプラン名は「開通のご案内」で確認できると思います。

 

もし、不明な場合は以下に問い合わせればわかるかと思います。
NTT東日本にお客様IDを問い合わせる
NTT西日本にお客様IDを問い合わせる

 

 

上記準備はできましたでしょうか?

 

ドコモ光のプロバイダへの申込はドコモへの電話やドコモショップでも可能です。

 

ですが、一番お得なのは公式サイトからのWEB申込です。

 

公式サイトのWEB申込ならキャッシュバックがあるからです。

 

それでは、おすすめのプロバイダをご紹介します(公式サイトへのリンクも記載しています)

フレッツ光からドコモ光へ転用する場合のおすすめプロバイダ

ドコモ光へ転用したいけど、プロバイダは変更したくない場合もあると思います。

 

当サイトでおすすめのプロバイダは次の5プロバイダです。

 

  1. GMOとくとくBB
  2. ぷらら

 

おすすめ理由は次の3点です。

 

  1. v6プラス対応(インターネットが速くなる)
  2. Wi-Fiルータ無料レンタル
  3. サービスが充実している

 

もし、上記プロバイダと契約してない場合はドコモ光で人気No1のGMOとくとくBBをおすすめします。

 

おすすめ理由は・・・

 

  • Wi-Fiルータが他プロバイダよりも高性能
  • dカードGOLD加入でGMOポイントプレゼント
  • 全国速度公開している安心感

 

それでは、キャッシュバック付の公式サイトをご案内します。
※BIGLOBEのみ公式サイトでキャッシュバックがないので、キャッシュバック付代理店へリンクします。

 

キャッシュバック付公式サイトもしくは代理店

 

おすすめプロバイダの特徴と公式サイトを一覧にしました。

 

プロバイダ 特徴
GMOとくとくBB

★人気No1の速さにこだわるプロバイダ
・高性能なWi-Fiルータを無料レンタル
・全国速度公開
・キャッシュバック最大20,000円
・初回訪問設定
・セキュリティソフト1年無料
・GMOポイントプレゼント(dカードGOLD加入)

ぷらら

★NTT系で1番おすすめのプロバイダ
・Wi-Fiルータ無料レンタル
・キャッシュバック最大15,000円
・初回訪問設定
・セキュリティソフト2年無料
・NTT系のビッグプロバイダ

 

ドコモ光では、あなたがフレッツ光で契約しているプロバイダがあるなら、そのプロバイダを選ぶということもできます。

 

もし、今のプロバイダに満足していなかったり、契約しているプロバイダが上記プロバイダになかったり、速度重視で選びたいなら、GMOとくとくBBをおすすめします。

 

ドコモ光のプロバイダ選びをもう少し詳、ドコモ光の速いプロバイダを公開を参考にされてください。

フレッツ光からドコモ光へ転用する場合の違約金と注意点

最後にドコモ光からフレッツ光へ転用する場合の違約金と注意点です。

 

ドコモ光からフレッツ光へ転用する場合の違約金

基本的に転用(フレッツ光からドコモ光)の場合はフレッツ光割引サービスの解約金はかかりません。

 

但し、ご契約内容によりプロバイダの解約金がかかる場合があります。

 

 

ドコモ光からフレッツ光へ転用する場合の注意点

基本的に工事不要ですが、「Bフレッツ」「フレッツ光ライト」から転用する場合、別途工事代金がかかる場合があります。

 

ドコモ光へ転用後、フレッツ光へ転用することはできません。
一旦、ドコモ光を解約後に再度フレッツ光へ申し込むことになります。

 

また、ドコモ光からフレッツ光へ戻す場合、電話加入権がないと電話番号が引き継げません。

 

トップへ戻る