ドコモ光のぷららにデメリットはあるの?

当サイトでもドコモ光のプロバイダで人気なのが、ぷららです。

 

NTTグループということもあってか、大勢のかたが申し込まれているプロバイダのひとつですね。

 

ぼくはGMOとくとくBBと契約していますが、最近はぷららでもいいかな?

 

なんて思っています。

 

次の、更新月にはぷららにするかもしれません(笑)

 

ということで、ぷららにデメリットがないのか、探してみました。

 

やはり、自分が乗り換えるとなると、デメリットを探さないといけませんからね。

 

ぼくが思ったぷららのデメリットは3つありました。

 

  1. GMOとくとくBBのように速度公開していない
  2. Wi-Fiルーターの性能がGMOよりも劣る
  3. ユーザーが多すぎて遅くなる可能性も

 

それでは、もう少し深掘りしますね。

 

ぷららはGMOとくとくBBのように速度公開していない

ドコモ光のぷららは、GMOとくとくBBのように、速度公開をしていません。

 

GMOとくとくBBの場合は、あなたが住んでいる場所の平均速度がわかります。

 

なので、「契約したらこのくらいの速度がでるのか」といった安心感があります。

 

ぷららに関しては、公式サイト上で速度公開とかはしてないので、ちょっと不安な面はありますね。

 

とはいえ、ドコモ光はどこも同じしくみ。

 

ましてや、大手ぷららなので、バックボーンもしっかりしているはずです。

 

よって、そこまで心配することはないのかなというのが、ぼくの感想。

 

ぼくの実家v6プラスでないぷららですが、100Mbps前後の速度がでます

 

このような、実家での実績もあるので、決して遅くはないでしょう。

 

ぷららのWi-Fiルーターの性能がGMOよりも劣る

 

Wi-Fiルーターの性能は、GMOとくとくBBの方がスペック上はかなり上をいっています。

 

たしかに、僕の部屋の中にある古いWi-Fiルーターよりも、遠く離れたGMOからレンタル中のWi-Fiルーターにつなげた方が、安定するときがあります。

 

つまり、Wi-Fiルーターの性能は思ったより差がでるということです。

 

とはいえ、普通使う分には全然問題ないです。

 

また、性能差があるとはいえ、ぷららでレンタルしているWi-Fiルーターの最高速度である867Mbpsなんて、そう滅多に出ませんから。

 

もちろん、スペックが高いと、なにかと余裕はあって安定するとは思います。

 

そして、最悪GMOと同じWi-Fiルーターを購入(1万弱)して対応できます。

 

ぷららはユーザーが多すぎて遅くなる可能性も

 

ドコモ光では、GMOとくとくBBユーザーは圧倒的に多いです。

 

しかし、ぷららは老舗であり、フレッツ光ユーザーを多く抱えています。

 

よって、契約しているユーザーはかなり多いんです。

 

実は、GMOとくとくBBもけっこうスピードが落ちた時期があったんですね。

 

それでも、動画とはは余裕で見れ、家族とかはまったく気づかないレベルですが・・・

 

実家のぷららも一時は30Mbps〜40Mbps程度だったのが、今では100Mbps超えることもあります。

 

v6プラスにしてなくて。

 

だから、GMOもぷららもユーザーが増えたら、遅くなる時期はあるということ。

 

でも、設備増強できるお金があるので、また速度が復活する。

 

ぼくは、両プロバイダで経験しているので、まず間違いないです。

ドコモ光のぷららはデメリットよりもメリットが多い

ドコモ光のぷららのデメリットを探しましたが、実は無理くりデメリットを出しました。

 

むしろ、ぷららに関してはメリットの方がすんなりだせます。

 

  1. ぷららはキャッシュバックが高額
  2. ぷららはセキュリティソフトが2年無料
  3. ぷららは会社がNTTグループ

 

もう少し詳しく見ていきましょう!

 

ぷららはャッシュバックが高額

ぷららはキャッシュバック金額が15000円なので、ドコモ光の中では高額です。

 

しかも、オプション加入も不要ですので、みなさん15000円受け取れるということ。

 

例えば、GMOはオプション未加入だと5500円。

 

DTIはオプション未加入だと、10000円です。

 

ぷららのキャッシュバック金額が、高額なのが分かっていただけたと思います。

 

キャッシュバックはぷらら公式サイトのWEB申込限定です。
ぷららに限らず、どこのプロバイダもキャッシュバックはWEB申込限定となります。

 

あと、開通後4カ月くらいの継続利用で申請できるようです。

 

期間中に、ドコモ光 1ギガプランをぷらら公式サイト経由で申し込みのお客さま

期間中に、対象サービスをお申し込みのうえ、お申し込み月から3か月後の月末までに利用開始されたお客さま

 

ぷららはセキュリティソフトが2年無料

セキュリティソフトはパソコンに入れていますか?

 

保険のようなものなので、あまりお金をかけたくないですよね?

 

ぷららなら、そのセキュリティソフトが無料で2年間利用できます。

 

ほとんどのプロバイダの無料期間は1年です。

 

ぷららは、無料で2年もセキュリティソフトが利用できます。

 

ぷららのセキュリティソフトは月額370円なので、370円の24カ月で8880円分がぷららなら無料ということです。

 

ぷららは会社がNTTグループ

あなたがNTTの携帯を使っているのは、安心感や電波の繋がり易さ、通信インフラの大元だからではないでしょうか?

 

そんなNTTグループの光回線を借りて、ソフトバンク光、au光も成り立っています。

 

もちろん、ドコモ光も。

 

つまり、なんだかんだ言ってNTTはやはりでかいということです。

 

ぷららはNTTグループなので、スマホから光のプロバイダまでNTT一色で染めたいなら、ぷららですね。

 

ぷららの会社名は株式会社NTTぷららといい、資本金はなんと123.21億円です。

 

でかい会社ですね。しかも株主はどこかわかりますか?

 

ぷららの株主はNTTドコモです。

 

迷ったら、ぷららにしておけば間違いない、といった感じですね。

まとめ

実はドコモ光のぷららのデメリットを探すのは難しかったのです。

 

速さにこだわった、GMOとくとくBBと比較したら、速度公開していない、Wi-Fiルーターの性能がGMOより少し劣る、ユーザーが多いので速度低下する時期はある。

 

といった無理くり出したようなデメリットでした。

 

それよりも、ぷららは、

 

  • キャッシュバックが高額
  • セキュリティソフトの無料期間が長い
  • NTTグループの安心感

 

このような、メリットの方が大きかったです。

 

結論としては、ドコモ光のぷららにとってデメリットは大したことなく、むしろメリットの方が多かった。

 

ということになりました。

 

つまり、ぷららに決めかけているなら、全然問題ないということです。

 

ただし、キャッシュバックはWEB申込限定なので、そこは注意して下さいね。

 

ぷらら公式サイトはこちら

 

もし、ぷららでしっくりこなかったら、ぼくも契約しているGMOとくとくBBがいいですよ。

 

GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

 

リアルにぼくが快適に使えていますから。

 

もし、レビューとかをみたいならこちらに、レビューをかねた記事があります。

注目の特集!

TOPへ