ドコモ光のGMOとくとくBBをおすすめしているサイトをよくみかけるけど、デメリットは何かないの?


そうですね、メリットだらけのものなんてほとんどあり得ないので、ここではしっかりデメリットやメリットを把握して、納得したらGMOとくとくBBを選んだらいいと思います。

【結論】キャッシュバック金額が少ないのと、PS4でプレイができないオンライゲームがある可能性がこと。

この記事でわかること
  1. GMOとくとくBB(ドコモ光)の知っておきたい2つのデメリット
  2. GMOGMOOCNGMOGMOト


それでは早速、ドコモ光のプロバイダであるGMOとくとくBBのデメリットとメリットをみていきましょう!

ドコモ光 GMOとくとくBBの知っておくべき2つのデメリット

ドコモ光のプロバイダであるGMOとくとくBBでは以下2つのデメリットがあります。

 

  • GMOとくとくBB(ドコモ光)はキャッシュバッ少なめ
  • PS4でプレイができないオンライゲームがある可能性があること
  • 【朗報】GMOとくとくBBが速度改善されていた

 

GMOとくとくBB(ドコモ光)はキャッシュバック少なめ

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額がオプション加入なしては、5,500円と少なめです。

 

 

無料レンタルできるWi-Fiルータの性能が頭一つとびぬけているからかもしれません。

 

 

例えば、オプション加入なしでも、@niftyは20,000円、ぷらら、OCNは15,000円、DTIは10,000円のキャッシュバックがあります。

 

 

ただ、GMOとくとくBBで無料レンタルしているWi-Fiルータは他プロバイダよりも高性能です。家族が多いほどWi-Fiでイラつくことは少なくなるでしょう。

 

 

いつの間にか使ってしまうキャッシュバックと、ずっと利用するWi-Fiルータどちらを取るかということですね。

 

PS4でプレイができないオンライゲームがある可能性が・・

GMOとくとくBBに限ったことではありませんが、接続方式に「v6プラス」を採用していると、PS4でできないオンラインゲームがでてくる可能性があります。

 

 

v6プラスはインターネットを高速通信できるようにした技術です

 

 

ただ、GMOとくとくBBのヘルプページでは次の対応策が記載されています。

 

GMOとくとくBBのPS4ヘルプページ

 

 

上記対策をしてもダメな場合はv6プラス通信をあきらめるしかありません。

 

GMOとくとくBBのPS4ヘルプページ2

 

 

例えば、オンラインゲームのために速度に定評のあるGMOとくとくBBのプロバイダを申し込むのは少し考えた方がいいということです。

 

 

全てのタイトルができないわけではなく、上記のような対策方法もあり、最悪v6プラスを停止すればゲームはできます。

 

 

【朗報】GMOとくとくBBが速度改善されていた

2017年1月にGMOとくとくBBを契約したときから、約2年後のGMOとくとくBBの速度はあまり速くありませんでした。

 

GMOとくとくBBの速度測定-201812

 

なので、速度低下のこともデメリットを記載しようとしていました。

 

 

しかし、設備が増強されたようで、2020年1月現在ではかなり速度改善がされていました。

 

GMOとくとくBBの速度測定-202001

 

上画像は僕が住んでいる九州ですが、約100Mbpsの速度アップです。

 

実際に僕の家でスピードテストをしてみました。

速度測定はBNRからRadishのスピードテストを計測するようにしています。理由は2つあって、GMOとくとくBBもRadishを使っているのと、回線事業者が採用するほどの信頼性があるからです。

 

 

3回計測して、2回目に九州の平均くらいの速度がでています。下り速度のところですね。

 

 

1回目

速度測定-202001-1

 

2回目

速度測定-202001-2

 

3回目

速度測定-202001-3

 

 

速さが売りのGMOとくとくBBは加入者が増えたことによる速度低下を懸念して、設備増強を計画していたのでしょう。やはり、大きな会社(東証一部上場企業)のプロバイダはこれからも安心して利用できそうです。

注目の特集!

トップへ戻る